はじめての不動産投資

“不動産投資”=「お金がかかる」投資ではありません

不動産投資は株式取引などと比較すると、多額の費用がかかる投資だと思われがちです。
そこで融資を利用するという方法があります。
融資を利用すれば、少額あるいは自己資金無しで投資をすることが可能になるのです。
ただし銀行から融資を受けるにはどんな物件でも良いわけではありません。融資を受けられる物件を選択する必要があります。
物件の選定は弊社スタッフがお手伝い致しますのでご安心ください。

プランナーが、それぞれに合ったアドバイスをさせていただきます。
これから不動産投資を始めたい方や、不動産投資に不安を抱く方などお気軽にご相談ください。
不動産投資の基礎知識から実践編まで、不動産投資を行っていく上で知っておきたいポイントを丁寧にご説明致します。

不動産投資は購入がスタートです

物件を購入したからといってその後何もしないでいると、当初見込んでいた賃料収入を得るのは難しいでしょう。
不動産投資は物件購入後が肝心です。
物件の入居者募集や賃貸借契約、入居後に発生したクレーム対応や退去時の原状回復等は賃貸管理会社へ依頼する方が大多数だと思います。
物件選びと同様に管理会社選びも重要です。
相場と比較して募集家賃が適正か、入居率が低下した場合どう対策するか、リフォームやリノベーションを行うことによる費用対効果は適正か、原状回復費用はどれくらいか等を考える必要があります。
ライフアートエージェンシィでは、そんな不動産投資のリスクとリスクマネジメントを明確化してご提案しております。

お客様担当プランナーがフルサポート

お客様が不動産投資に求めるものはそれぞれ異なります。
担当のプランナーが、ヒアリングから現状を明確化し、お客様が不動産投資に対して重視していることを踏まえた上で一人一人に最適な投資プランの検討を致します。
お客様の利益を最優先に考えますので、様々な情報に惑わされがちな投資初心者の方でも、安心して運営していくことができます。

会社員の方にこそおすすめしたい不動産投資

不動産所得がある場合、必要経費計上で節税へ繋がることをご存知でしょうか。
不動産投資には修繕費・維持管理費・事務費・交通費など、経費として認められる項目が存在します。
また、不動産投資に関わる経費により税務上黒字となった場合は納税となります。本業の給与所得から赤字分を差し引くことができ、所得税の還付を受けることが可能になります。
「収入源を作る」というメインのメリット以外での「節税」メリットも上手く活用しながら資産を形成していくことができます。